注文時注意点

部活用のオリジナルタオルを製作するにはまずタオルの大きさを決めます。マフラータオル、スポーツタオル、ハンドタオル、バスタオル、フェイスタオルとあり中には日本手ぬぐいもあります。価格は大きさによりまちまちですがやはり一番安いのはフェイスタオルで、高いのはバスタオルです。

次にデザインを決めます。デザインはテンプレートで出来上がっている物もあれば自分達で一から考える場合と二種類あります。オリジナル部分を強く主張する場合は自分達で考えるのが一番ですが時間的な事やアイデアが出てこない場合はテンプレートや既存のデザインに色で個性を出したりするのも一つの手です。

次に枚数を決めますが、ロット数は店によって違いますが最小枚数1枚から注文出来ます。人数より少し多めに注文すれば部員が増えても安心です。出来上がりの日数ですが、デザインや印刷形態により若干の差が出ます。

単純なデザインや一色しか使わない場合は最短1日で仕上がり、配送に2~3日なので1週間以内につきます。一か月も2か月もかかることはなく長くとも2週間ほどで到着します。刺繍など手の込んだものになると多少時間が掛かってしまいます。結束力を高めて試合に臨んだり、部活を卒業する先輩に贈り物をする思い出作りなど様々な場面で活躍してくれます。

オリジナルタオル種類

オリジナルタオルを作るのにインクは2種類あります。顔料インクと染料インクで両方にメリットデメリットがあります。

顔料インクはタオルの上にインクを乗せるため細かい線などを印刷できます。染料インクより安くメリットですが、洗濯をするたびに固くなってしまうのがデメリットです。色の付いたタオルに白を染める事は出来ないのが難点です。全体の染めやタオルとして長く使いたい場合は染料インクが的確です。細かい線などはぼけてしまいますが、洗濯をしても多少の色落ちで済みます。白地のタオルから白を抜いた状態で染めれば、こちらは白色がデザインで使う事が出来ます。

タオルの種類により値段が変わってきます。部活でお揃いの応援タオルを作成する場合、スポーツタオル・マフラータオルバスタオルがいいと思います。マフラータオルは幅は小さいですが長さがあるので首に巻くのに楽です。スポーツタオルが一番一般的でスポーツ汗を拭いたり肩にかける事も出来ます。バスタオルだとストールのように大きいので寒い時には暖を取ることも出来ます。応援の時の使い方にもよりますが応援する時に上に掲げたりしてタオルを使うならスポーツタオルが一番大きさ的に便利です。腰にタオルを挟んで使用する場合はハンドタオルも目立ちます。

オリジナルタオルとは

市販のタオルを自分らしくしたいと思う時には自分の好きなアップリケを付けたり自分の名前やイニシャルを刺繍するだけで自分だけのオリジナルタオルが完成します。幼稚園や保育園では個人のマークを決めてそのマークを付ければ子供のタオルと認識させるとりっぱなオリジナルタオルになります。

最近ではスポーツチームや中学校や高校などでチームごとにオリジナルタオルを持って応援したりと一体感をより感じる為にオリジナルタオルを用いる事があります。アイドルや歌手、役者さんなど有名な人の名前入りや似顔絵入りのタオルも立派なオリジナルタオルです。

自分たちのチームもオリジナルタオルを作成したいけれど、どこで頼んだらいいのか、時間はかなり掛かるのかなどわからないことだらけです。本などを自分で書いたものを製本する時には一回の注文で何冊以上など決まっているようにオリジナルの物を作成する為に最低注文数が100枚や1000枚となると企業や商店など不特定多数の人に配るところ以外は躊躇してしまう枚数になります。

オリジナルタオルにする為自分たちの考えたデザインや入れたい文字を書く為のインクは洗濯してすぐに落ちてしまってはマジックで書いたのと一緒で長く使う事が出来ません。顔などについてしまうインクも使う訳にはいかなくなります。オリジナルタオルはどんなタオルで作成しインクはどんな物を使うのか、実際に掛かる金額や日数、最低何枚から注文できるのかを紹介します。

関連資料≪オリジナルタオル・グッズの製作ならFIRSTBALLタオル≫