オリジナルタオル種類

オリジナルタオルを作るのにインクは2種類あります。顔料インクと染料インクで両方にメリットデメリットがあります。

顔料インクはタオルの上にインクを乗せるため細かい線などを印刷できます。染料インクより安くメリットですが、洗濯をするたびに固くなってしまうのがデメリットです。色の付いたタオルに白を染める事は出来ないのが難点です。全体の染めやタオルとして長く使いたい場合は染料インクが的確です。細かい線などはぼけてしまいますが、洗濯をしても多少の色落ちで済みます。白地のタオルから白を抜いた状態で染めれば、こちらは白色がデザインで使う事が出来ます。

タオルの種類により値段が変わってきます。部活でお揃いの応援タオルを作成する場合、スポーツタオル・マフラータオルバスタオルがいいと思います。マフラータオルは幅は小さいですが長さがあるので首に巻くのに楽です。スポーツタオルが一番一般的でスポーツ汗を拭いたり肩にかける事も出来ます。バスタオルだとストールのように大きいので寒い時には暖を取ることも出来ます。応援の時の使い方にもよりますが応援する時に上に掲げたりしてタオルを使うならスポーツタオルが一番大きさ的に便利です。腰にタオルを挟んで使用する場合はハンドタオルも目立ちます。